モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

全員野球で交流戦開幕勝利

○M5-3G●

今日からいよいよ交流戦が開幕。

マリーンズの開幕の相手は、セ首位のジャイアンツ。

マリーンズは西野、ジャイアンツは杉内の先発で

交流戦の開幕を迎える。

初回、西野は2死から阿部にタイムリーを打たれいきなり先制される。

対するマリーンズは5回まで、1死満塁など3度

スコアリングポジションにランナーを進めるが

3番井口が3度とも凡退し、大して調子のよくない杉内から得点できない。

すると5回、G先頭打者藤村の内野安打と盗塁・悪送球でピンチを作ると、

ピッチャー杉内・長野に連続タイムリーを浴び追加点を奪われる。

マリーンズの反撃は6回。

相手エラーと押し出し四球で2点を返し1点差に。

こうなると俄然試合は面白くなってくる。

そして8回。Gのマウンドにはセットアッパー・山口。

その山口から、先頭代打の伊志嶺がヒットで出塁すると

送りバントと四球で1死2・1塁。

ここで9番に入っていた途中出場の清田がライト線に同点タイムリ-ツーベース。

そして1番根元が前進守備の内野の間を抜けるセンター前2点タイムリーで

ついに試合をひっくり返す。

その後、松永・益田とともにランナーを二人づつ出すが無失点で

交流戦開幕も、今シーズンのマリーンズらしい戦いで勝利して

ジャイアンツとの首位決戦の初戦をモノにした。

とにかく今日の試合は本当に全員野球での勝利だ。

同点打の清田・逆転打の根元はもちろん

5回2点を追加されなお無死3塁から粘って4点目を与えなっかた西野。

伊志嶺のヒット(今日は2の2のマルチ)も、もちろん大きかった。

今日は、井口を筆頭に大地・加藤もさっぱりだったが、

誰かがダメなら別の誰かがカバーする。

さほど、選手層は厚くはないが(特に攻撃面は)上手くカバーできている。

交流戦は5割で凌いでくれればいいと思っているが

やっぱり勝てば嬉しい。

特に、高年棒のタレント揃いのジャイアンツに勝つと

「よくやったな~」と選手を褒めてあげたい。

なんたって、今日もそうだがマリーンズの背番号30~60番台の選手が

トータル年棒10億円はあるだろうと思われる

ジャイアンツに挑み勝利する姿は

マリーンファンの誇りであり

マリーンズファンならではの爽快感だ。