モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

マリーンズらしい勝利だったね。

○M5-3L●

先発Pを始めブルペンのPが粘って

打線の方が少ないチャンスをなんとかものにして

そして九回はいつもの劇場見せたから勝利

マリーンズらしい勝利だったかな。

先発酒居は今日はいきなりアサムランを打たれて

慎重になっちゃったのか

前回投球と打って変わって球数が多い。

真っ直ぐも少なくてなんか変化球でかわす感じで

(これは吉田のリードも問題だが)

4回までは毎回ランナー出す苦しい投球。

それでも、5回を浅村の連続アーチの3点で粘ったのは良かった

その粘りに応えるように

5回に角中の同点ツーランで負けが消えた

前回「勝ち」を消されたのでこれでプラマイゼロだね。

酒居のあとの6回からは

チェン~有吉~大谷・松永のブルペンが反撃をたつ。

特に同点にしたあとのチェンがよかったね。

3凡で相手にナガレを返さなかった。

思うにチェンは中継ぎが適してるかな

先発だとふた周り目につかまること多いし

1~2回の方がいいかもね。

去年の藤岡枠だね。

球速・制球はいい勝負だけど

藤岡よりテンポがいいので見ていて気持ちがいい

見てて気持ちいいのだから守ってる野手も気持ちいいんじゃなかと思う

こうなると、ますます藤岡の存在感が薄くなるよね。

さてそうこうしているうちに

7回にペーニャの勝ち越しタイムリーと大地の連続タイムリ

でもって、9回は内か?南か?と思っていたら

なんと益田。

で、いきなり1死3・2塁の一打同点の益田劇場。

打者は浅村・中村の最悪のシュチュエーション

ここをなんと連続三振でようやくゲームセットですよ。

いやぁ最後までヒヤヒヤさせますな。

で、今日の攻撃のポイントは荻野の足ですかね。

荻野は今日猛打賞なんだけど

最初の出塁で盗塁決めてます。

そこは得点なかったんだけど

この盗塁を決めた伏線があって

5回の角中の同点弾につながった感じ。

1塁に荻野がいたんだけど、それにLバッテリーが気を取られ

角中に集中できてなかった。

で、フルカウントから同点弾。

7回のペーニャのライトフェン直の打球判断もよく一気にホームイン。

ね~荻野にはこれがあるんだよね。

いつも書いているけど前半はほとんど走らなかった

だから相手も走らない前提で

荻野に限らず瞬足ランナー出ても

あまりプレッシャーかけられなかったんだよね。

盗塁失敗しても「走らせる」ことが必要なんだよな。

相手に「走ってくるんじゃないか」って思わせることが大切

ファイターズ戦なんて

いっつも「走られちゃう」んじゃないかって思って見ているもの。

伊東監督はそういう野球をしてこなかったもんな。

来季の監督には是非機動力野球をやってもらいたいね。

じゃなきゃこんな小粒な打線じゃ得点なんてできないよ。

まぁ今日は奨悟も猛打賞だったし

マリーンズらしい野球で勝って納得かな。

にほんブログ村