モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

西野#29と藤岡#18

背番号「29」はマリーンズ的に

背番号「18」は全球団的にエース番号を背負っている、

西野と藤岡の左右のピッチャー。

二人とも先発希望だ。

西野は昨シーズン春先先発をするも故障で抹消され再昇格は秋。

藤岡は昨年はわずか10試合の登板でいつの間にか抹消され1軍から姿をけした。

どちらも、期待値は高いと言えば高いが

今季、先発ローテに名を連ねられるかどうかは微妙なところだ。

現在の状況で、先発ローテ6人を想像してみると

石川・二木は確定。次にボルシンガー・唐川。

のこりの2席を争うのは・・

酒居・佐々木・関谷・大嶺・チェン・オルモス・成田・ルーキー山本

そこに西野と藤岡である。

もっと言えばおそらく酒居もローテに入るだろうから

実質は先発ローテの席はあと一つ。

となると、西野か藤岡のどちらかは確実にローテに入れない。

それでも「先発」でということになると

かなりのパフォーマンスが必要だろうな。

 

西野は昨年の先発時の投球を見ると

9勝をあげたころから比べると、球速が遅い。

140前半。唐川よりも遅い。

長いイニングを投げるからなのだろうが

それにしても、ちょっと前の唐川を見ればわかるように

今どきの野球は先発P とはいえ真っすぐは145前後ないと苦しい。

そう、酒居・二木のパターンだ。

そのストレートがあってこその、

スライダーでありフォークだと思う。

コントロール自体はそれほど悪くないから

ストレートのスピードをあと2~3km上げて欲しいかな。

 

藤岡に関しても同じで強い真っすぐを投げて欲しい。

あと、左打者の内角に投げ切らないと。

そしてこれは1年目のオフからこのブログにも書いているけど

チェンジアップ。

これを覚えない事にはどうにもこうにもって感じだ。

カーブもスライダーもフォークも投げるけど

どれも決め球になるほどの変化球じゃないんだよな。

ここはチェンジアップを覚えタイミングを外したり

打たせて取る投球を覚えないと

ぶっちゃけ先発で結果を出せるとは思えない。

 

西野・藤岡がファンの期待通りに

先発ローテで活躍してくれれば

一気に投手王国になれるんだが。

二人とも是非今シーズンは先発マウンドでその雄姿を見せてくれよ。

 


にほんブログ村