モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

ポジション争い ショート

キャンプも今日で第1クール終了。

井口監督の思惑通り各ポジション熾烈な争いで

例年になくキャンプ情報が楽しい。

マリーンズのポジション争いの象徴と言えばショート

他のポジションは「それなり」になんとかなりそうだが

このショートは去年も散々苦しんだ場所である。

いや、去年というより西岡が去って以来

ショートにレギュラーと呼ばれる選手がいない気がする。

その場所では、ケガから復帰の三木・3年目ドラ1大河

そしてルーキー藤岡が凌ぎを削って定位置を巡って戦闘中だ。

シートでは大河がスリーベースなら

藤岡はホームランとともにいいアピールが今クールではできている。

この場所には大河がそろそろ収まって欲しいという願望はあるが

守備では、三木・藤岡にはまだ及ばない。

大河がこの場所に収まるためには「打つ」以外にはないだろう。

他の二人と同じ打力なら守備のいい、三木・藤岡に軍配は上がる。

藤岡に関しては打つ方もさることながら守備からか。

肩と足は三木に勝ると思うからスローイングか。

三木は3人のなかで唯一の右バッターだし守備は安定しているが

いまひとつアピールポイントがない印象だ。

昨年HRも打ったし、右方向にも打てるようになった。足も遅くはないが

全体的に地味で、往年の渡辺正人と被る印象だ。

気は早いが今の時点では藤岡が半歩くらいリードだろうか。

3人とも大差はないのだけど、大差がないとなると

やはりどうしても「新しい人」を使いたくなるだろうし

ファンの方も「新しい人」を見たくなるのが人情である。

ルーキーにはそれくらいのアドバンテージがあるので

三木や大河は藤岡以上のパフォーマンスをみせないと厳しい。

特に大河は藤岡と同じ左打者で守備は三木以下だから

ここで藤岡に負けてしまうと、開幕は浦和といことになる公算が大きい。

まぁ、浦和でじっくりあと1~2年やってからでも全然かまわないし

むしろその方がいいとは思ってはいる。

幸い、浦和のコーチも随分入れ替わっているので

急がば回れじゃないけど、その方が大きく育つ気もするが。

とはいえ、大河も含め藤岡・三木もチャンスだ。

今年こそ、「ショートのレギュラー」が誕生することを願っている。

 


にほんブログ村