モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2018年ドラフト終了!

昨日2018年のドラフトが終わりましたね。

各球団のファンも悲喜こもごもだったとは思います。

12球団全体を見渡すと今年もパリーグはそれぞれいいドラフトをしたと思います。

セリーグは何といっても中日がいいですね。根尾獲得だけでなく2位以下もいい感じ。

某在阪球団はどうなんかなぁ~と言う印象も受けましたが他球団の事なので。

さて、我がマリーンズはご存知の通り、

1位・藤原恭大・外野手大阪桐蔭
2位・東妻勇輔・投手日体大
3位・小島和哉・投手早大
4位・山口航輝・投手明桜高
5位・中村稔弥・投手亜大
6位・古谷拓郎・投手習志野
7位・松田進・内野手Honda
8位・土居豪人・投手松山聖陵

育成1位・鎌田光津希・投手徳島インディゴソックス

という結果です。俺の予想が当たったのは、藤原・東妻・山口・鎌田のたった4人。

と言っても今年は当たった方です(笑)

藤原を抽選で獲得できたのは何よりも大きくて、大河・安田・藤原と近未来に大きな希望ができました。

東妻もブルペンを支える投手として期待しています。

小島と中村の大学左腕はそれぞれこの順位まで良く残っていたなぁと嬉しい誤算。

小島は先発・中村は中継ぎですかね。左腕不足を解消できるといいですね。

山口は野手で育成。大型内野手の松田もワンチャンあります。

古屋・土居の高校生Pもこの順位で獲得できる選手としては申し分ありません。

育成の鎌田は当たれば東妻と同様にブルペンを支えるPになれる可能性はあります。

全体的にPが多めだったことと、俺の推しメンの野村(花咲)を2位で行かなかったこと

さらには田宮(成田高)を獲得できなったなど多少の不満はありますが

まぁ~ほぼ100点といっていいですね。

 

マリーンズの場合全てのポジションで高齢化が進んでいて戦力も薄いので

1回のドラフトでどうこうなるレベルじゃありませんね。

しかし、去年も安田を獲得するなどここ数年は良い指名ができているので

このような指名を続けていけば、はやければ2~3年後には

強いチームに変われるのでないかと思っています。

それまではしばらくファンも我慢のシーズンを送る覚悟が必要ですね。

来年は高校生Pが豊作ですから今からもう来年のドラフトが楽しみです。

何はともあれ指名選手全員が無事にマリーンズの一員になって

全員が活躍できることを心から願っています。

来年の新人合同自主トレの時に浦和でみんなに会えるのが楽しみです。

 

 


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です