モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

石川立てるも後半戦も黒星スタート

●M3-4H○

今日から後半戦スタート。「またホークスかよ!!」と思いつつも、ホークスキラーの石川がまたまたやってくれんじゃないか?と多少期待していたんだけど今日はやられちゃいました・・・初回に内川のタイムリーで先制された石川なんだけど、2回に相手のタイムリーエラーとクルーズのタイムリーで逆転。さらに3回に今日猛打賞のハフマンのタイムリーで3-1とリードを広げた所までは良かったんだけど、今日は石川が粘れず4回に1失点。そして6回にはとうとう2失点して逆転を許し結局そのままのスコアで1点差負け。4回も6回も2死からホークス中村にやられちゃったね。ここまでノーヒットに抑えたきた中村に2本のタイムリーを打たれて、リベンジされちゃいました。今日の石川の調子だと6回からの継投で行った方が良かったんだけど、下手に5回を三凡に抑えちゃって6回は下位に回っていくからベンチも「あと1回」って欲を出しちゃったのかもね。それに最近はブルペンも不安だし。それが魔の6回になっちゃったね。でも試合をぶち壊しって程じゃない。むしろ惜しかったね石川君って感じかな。

それよりも今日の敗戦は、岡田&根元の代打コンビに尽きる。8回に福浦・ハフマンの連続ヒットで無死2・1塁。同点・逆転のチャンス到来。ここで大松の代打が岡田。もちろんピンチバンターでしょ。がバントで送れず2ストライク取られ挙句にボール球振って三振。確かに相手ディフェンスのプレッシャーはあったけど、それでもバントを決めらると信用されてのピンチバンターでしょ。それが出来ないんならせめてゴロ打って最低1死3・1塁の形を作ってくれなきゃ代打に出された意味がない。頼むよ岡田クン。

そしてその岡田よりサイアクだったのが次に代打で出てきた根元。フルカウントから見逃し三振。スタート切ってた2塁ランナー伊志嶺もアウトになって三振ゲッツー。一瞬でチャンス終了。見逃しってなんだよ。ランナー走ってんだからせめてバット振れよ根元。心底ガッカリだよ。同じ三振でも振って三振なら仕方ないけど、見逃しって・・・そんな自信がが無くてバットも振れないなら戦えない。正直なんでこんな状態の根元を昇格したのかわからない。これなら高濱や三木や大嶺弟を昇格してくれたほうがいい。

さて後は今日は田村に今期の初ヒット。大地が猛打賞。ASで1本出て調子上げたか?その調子でね。加藤は残念ノーヒット。ハフマンも猛打賞。デスパイネが来日しても1軍に残って欲しいよね。中後を久々に1軍マウンドでみた。1回1四球無失点なんだけど、やっぱり中後は中継ぎだと怖い。先発でみたいなぁ。そんな所ですね。