モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

清田9回サヨナラH、レレレの連勝

○M5×ー4B●

れ、れ、れ、連勝ですよ~。

9回サヨナラ勝ちです。

ではリプレー。

相手Pは平野

先頭の三木が粘ってショート内野安打。

田村が送りバントを1発で決める。

1番大嶺は三振で、

2死から代打根元がレフト前Hで3・1塁。

ここで今日3番の清田が3球目を

レフトフェン直のサヨナラヒットです。

ゲームは初回から大地の2点タイムリ

2回には吉田、3回には井口のタイムリーで

3回までに4点リード。

エース涌井がほぼ危なげなく6回まで無失点と

ここまでは完全にマリーンズペース

ところが7回に涌井が

さかの4失点で同点にされると

ナガレはバファローズ

8回には大谷が自身のエラーもあって3・1塁のピンチ

しかしここをなんとか無得点に凌ぐと

続く9回にも内が四球と田村のエラーが絡んで

またまた1死3・1塁のピンチ。

今度こそダメかと思ったが

T岡田三振・モレルライトフライで

ここもなんとか無失点で凌ぐ。

バファローズは自らナガレを手放しちゃった

こうなると今度はナガレこっちに来ると思ってたら

9回に上記の通りのサヨナラ勝ち。

科学的根拠ゼロだが、

野球ってのはこいうもんだなぁってつくずく思った。

7回の涌井の続投に関しては色々意見もあると思うが

個人的には致し方ないと思う。

ここのところ毎回書くが

とにかくブルペンがスカスカなので

7回を任せられるPがいない。

そして何よりエースだ。

昨日の千隼とはワケが違う。

同点までは涌井続投でも仕方ない。

そこを同点にされずに抑えられなかった

涌井に勝ち投手になれなかった責任がある。

逆に土肥や有吉に継投して同点にされるより

涌井自身も納得いくと思う。

しかし本当にブルペンは苦しい

かと言って代打陣も相当スカスカだ。

左はパラ・金澤・根元

右になると井口をスタメンにしちゃうと誰もいない。

投打ともに少し入れ替えを検討しないといけない感じだ。

今日の伊東監督の最大のファインプレーは

根元を9回まで残しておいたことだろう

出し惜しみ采配が珍しく当たったと言える。

ともあれ、連勝だ。

しかもサヨナラ。

もっと言えば清田が猛打賞。

この勢いをあすも持続して欲しい。

明日はマリンで生観戦予定。

今年初の「ウイ・アー」を俺にくれ!

頼むぞ。

にほんブログ村