モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

大河はこの先どうなるのだろうか?

 

headlines.yahoo.co.jp

 

気になっていた大河のニュースを目にした。開幕からずっと1軍にいる大河に与えられた打席はここまで4打席でしかも3三振と散々な結果。記事によるとオープン戦途中で足首を痛めていたそうだがそれでも2軍で調整をさせなかったのは何かしらの思惑があったのかもしれないがこのままだと大河の行き先が心配だ。藤原と争わせるという記事だが正直言ってショートで藤岡と争わせるには現段階では厳しい。藤岡はチーム内では一番いいショートストップではあるが他球団のショートと比べるとお世辞にも一流とはいいがたい。H今宮・L源田・E茂木・B福田(安達)・F中島こうして見れば分かるように攻走守ともに現状パリーグでは一番下のショートだろう。その藤岡にプロで3年間鍛えてきたにも関わらず攻走守で勝てないなのだから正直現段階での大河の立ち位置は難しい立ち位置だと思う。高卒4年目とはいえ来年には同世代の大卒組がプロ入りする年齢だ。いつまでも燻っている場合ではない。今シーズンには何かしらの形を見せてもらいたいのだが、果たしてこうして1軍ベンチで座っているだけの日々を送らせておいていいのだろうかといつも思っている。またショートはそろそろ一旦忘れ打撃に全振りしてもらいたいとも思う。守備か打撃かどちらかで結果を出さなければ試合には出られない。現状をみればショートの守備で藤岡を押しのけることは難しい。とすれば打撃でレギュラー取りを狙うしかない。どうしてもショートにこだわるなら2軍でみっちり守備を鍛えるしかないがそもそも大河は守備の選手じゃない。守備ならば後輩の西巻(E)の方がよほど大河よりいい。やはり大河は「打ってなんぼ」の選手だ。なのでショートの守備は一度忘れて打撃に特化して欲しいと思う。外野も高齢化しているし今はレギュラー取りのチャンス。そのチャンスをつかんで欲しい。大河がグランドの上で躍動する姿を早くこの目でみたい。

 

 


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です