モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

10月1日から戦力外通告始まるね。

毎年の事だが今年も10月1日から第1次の戦力外通告が始まるね。全ての選手に最後までチームに残って欲しいところだがそういう訳にもいかないのが厳しいプロの世界。今年はどんな選手が戦力外になってNPBから去っていくだろう。さてマリーンズに目を移すと、福浦の一体と外国人3人の退団は決まっているので、現在の支配下は70-4で66人。と言ってもここから外国人選手を二人補充して育成から一人支配下にしたら「69人」ドラフトで7人を指名して他球団戦力外かた一人獲得すると「77」シーズン途中の追加補強や育成からの支配下登録を考えると最初は「68人」くらいでスタートしたいから、77-68で「9人」が余剰になる。よってあとここから9人位は戦力外を出す計算になる。ドラフト6人指名なら8人だし、FA流失があればまた変わってくるが1次とドラフト後の2次を合わせて今年は7~9人位の戦力外があると予想している。正直言って現在のメンバーで7~9人の戦力外選手を選ぶのは結構難しい。投手は分か人が多いし野手はあまり減らすと2軍の試合できないし。かといってドラフトでは毎年投手は獲得するし。マリーンズは「育成落ち」はやらない球団ではあるがそろそろ「育成落ち」も導入していかないとちょっと厳しい感じがする。個人的には今年の戦力外候補を想像しているが果たして一体何人が戦力外になりどの選手が戦力外になるのか?来週以降発表があるまで少しドキドキする。

 


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です