モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2020年のパ他球団を分析してみる(ファイターズ)

今日はファイターズについて書いてみたいと思います。まず打線ですがGからビヤヌエバを獲得したのはいい補強だと思います。ビヤヌエバはGでは力を発揮できなかったけど力はあると思うし昨年横尾が伸び悩んでしまった事を思うとピンポイントですね。打順は、1:西川遥輝2:大田泰示3:近藤健介4:中田翔5番:王柏融6:ビヤヌエバ7番:渡邉諒8:清水優心9番:中島卓也。こんな感じでしょうか。1~4番まではなかなか怖い打線です。王とビヤヌエバ次第ですが何といっても今季のファイターズ打線のキモは清宮だと思っています。清宮が開花するようなことになれば長打に足を絡めるバランスのいい打線になりそうです。だた清宮が打線に加わると、王・ビヤヌエバ・近藤の誰かをベンチに置くことになるのが辛いところです。

投手陣はブルペンは昨年とほぼ変わらない感じです。ルーキー立野と生田目がソコの加われればさらにブルペンが厚くなりますね。問題は先発ですが、ここもバーヘイゲンを獲得して上沢・マルティネスもローテで回せる状態に戻っていれば、①有原航平②バーヘイゲン③マルティネス④上沢直之⑤金子弌大と先発5人は揃う残りの1枠を、吉田輝星やルーキーの河野等で争う形でしょうか。吉田はまだ時間がかかるかなとは思っていますが清宮同様に開花すればなかなか手ごわい先発陣になりますね。また加藤と堀はどうやって使うのかも見どころです。個人的にはショートスターターには否定的なので今季も加藤や堀をショートスターターで使うようなことがあると苦しいシーズンになってしまうのかなと思っています。とはいえ大きな補強はなかったもののビヤヌエバ・バーヘイゲンという的確な補強で戦力は確実にUPしていると感じます。それになんといってもファイターズには「神トレード」という奥の手も残っています。マリーンズは昨年は札幌でやられまくっているので今季は北海道のマリーンズファンを喜ばすような試合を札幌で見せて欲しいと思います。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です