モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2020年のパ他球団を分析してみる(イーグルス)

今日はイーグルスについて書いてみます。打線の方はMから鈴木をFAで獲得してやや戦力UPしました。その鈴木は守備位置はサードのようですが打順を何番にするのか興味のあるところですがボクの考える打線としては、1:田中和2:茂木3:浅村栄斗4:ブラッシュ5:島内宏明6:銀次7:鈴木大8:太田9:辰巳。です。茂木・鈴木で1,2番を形成するのも悪くないですが鈴木は走れませんからやはり5番以降に置いた方がいいかと。5~7番の3人に関してはその時の調子をみて臨機応変に変えていく感じですね。ウィラーを使えるなら鈴木を2番に置いてウィラー7番だと更に迫力が増しますが、  シャギワを獲得したので外国人は野手1投手3の編成になるだろうからウィラーは2軍になると思います。そうだとすれば、鈴木獲得での戦力UPはウィラーとの差額の分ですから、バファローズのAJとロメロみたいな感じで「まんま」戦力UPとはならないでしょう。ボク的にイーグルスの今期の打線のカギは田中和基ですね。彼が復活し1番バッターに定着するとなるとかなり得点力がUPすると思ってます。

投手陣は先発ローテは①則本②松井③岸④塩見⑤石橋⑥涌井の6人でしょうか。ここに辛島・藤平・弓削といったところも控えていてローテPの不調や故障、連戦時のローテの谷間にも対応できそうです。強力ブルペンも健在の上なおかつシャギワも獲得し質量ともこちらも強力ですね。松井の代わりのクローザーは森原になると思いますが投手陣に関しては松井の先発転向とそれに伴う新クローザーがともにハマるかどうかがカギになる気がします。

イーグルスに関しては投打ともに戦力がかなり整って今季は優勝を狙える戦力といえると思います。心配なのは嶋や平石監督などを放出したこのオフの球団の姿勢に選手がどう思っているか?ですね。一致団結して戦えるモチベーションを保てるかという部分かなと思います。どちらにせよ手ごわい相手ではあります。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です