モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

今季注目していたポイント

news.goo.ne.jp

6月に開幕できそうな雰囲気になってきて少し希望の光が差した気持ちの今日この頃です。開幕したら注目していのがブルペン陣です。というのも今季のブルペン陣の結果で秋のドラフト戦略が変わってくると思うからです。今季それなりにブルペンが好調であればドラフトでは左腕を昨年並みならばブルペンPを指名することになると思っているからです。ハーマン・ジャクソンを獲得しましたが、ボクが気になるのは日本人のブルペンPです。外国人は来季どうなるか分かりません。とくにハーマンは高齢ですしね。そうなると国産の勝ちパ投手が今季出現するかどうが注目ポイントです。候補は東妻・石崎・小野郁・中村稔です。本来なら永野にも期待したいのですが病気のこともありそこまで多くは期待できません。中村稔に関してはポスト松永ですよね。ここ数年は左腕の勝ちパが松永しかいない状態ですからこのポジションを中村稔には奪って欲しいと思います。そして東妻・石崎・小野郁は同じパワーP。近年は勝ちパといえば各球団パワーPが活躍しています。マリーンズの若手にはなかなかパワーPが居ませんでしたが今季はこの3人がいます、東妻は昨年のピッチングを見ての通り。移籍2年目の石崎はオープン戦などでの投球をみると直球の球威・球速が戻ってきてました。「石直球」が復活すればクローザー候補にもなりえるでしょう。小野郁は以前も書きましたがドラフトの時から個人的に欲しかった投手ですから早くマリンで見たいと気持ちがあります。あとはここに岩下を加えて競争してもらいたい。岩下はブルペンの方がいいというのが個人的な意見です。これらのブルペンPが活躍するかどうかで秋のドラフト予想をしようと思っています。もっとも左腕にしてもブルペンPにしても必要な事には変わりないですが。

 

【千葉魂】よみがえる石崎の“石直球” 大先輩・藤川の教え胸に(千葉日報オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です