モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

成瀬完投で無傷の4勝目

○M3-1H●

西武を3タテして5連勝と波に乗る好調ホークスを止めたのはエース成瀬だった。

もっとも、マリーンズもBを3タテにして好調モードだ。

しかも今日の成瀬の相手は、今シーズン初登板の大場。

ここは、かなりの確率で勝てる。いや勝たなければならない。

ところが、試合が始まってみると序盤こそチャンスはあったものの

大場から得点が奪えない。

成瀬もホークス打線に隙を見せず得点を与えない。

こんな試合は1発で決まる。のが古からのならわし。

そうなると、俄然マリーンズには不利だな~。などと思っていたら

6回。案の定内川にソロホーマーを浴びてとうとう先取点を取られる。

ただ、こんな試合はどちらからが得点するとゲームが動く。と言うのもまた古からのならわし。

ましてや今シーズンは、「逆転のマリーンズ」だ。

先制さた方が勝てる気がするから不思議だ。

そして先制された直後の7回。今江のヒットと四球2つで1死満塁。

ここで岡田が同点のタイムリーをライト前に運ぶ。

しかし続く根元は、内野ゴロで2死満塁に変わる。

そして昨日逆転打を放った角中がバッターボックス。

その角中は期待通り今日もやってくれた。勝ち越し2点タイムリーだ。

終盤で2点差付けば今日の成瀬には十分。

前回と違い、全く危なげなく9回3安打完投。

これで成瀬は負けなしの4勝目。

チームも4連勝。貯金も4つまで伸ばした。

成瀬は5回に打球を足に受けながらの3安打完投。

完投勝利はエースの証。

中継ぎ投手陣を休ませる事が出来たのは大きい。

さて、これでまたもや3連戦の頭を取った。

今回こそ、ホークスに勝ち越して欲しい。

明日は、大嶺VS武田。

1週間前と同じ顔合わせ。

いつまでも、武田にやられっ放しでは舐められる。

明日は、大嶺の3年ぶりの勝利を見てみたい。

そのためには、武田を早めに打ち崩す事と

何よりも、大嶺自身が先週同様の堂々たるピッチングを披露することだろう。