モヤモヤ、まり~んず

なんだかモヤモヤする球団・千葉ロッテマリーンズを語るブログです。

V逸終戦も井口監督来季も続投。

昨日の敗戦で残念なことにシーズン勝率1位の優勝の夢が幻となりましたが、48年間ロッテ球団のファンをやっていてここまで勝率1位の優勝に近づいたシーズンも記憶にないので悔しいけど選手達には「よくやった」と労ってあげたいです。井口監督もなんだかんだいいながら、前年の最下位から5位⇒4位⇒2位⇒2位マジック点灯。と健闘していると思います。来季の続投も決まりボクとしては井口監督の続投は歓迎しています。ただ2年連続の2位ですから来季に向けて何かを変えないといけないとも思っています。戦力の補強はさほどできないでしょう。ドラフトも即戦力と思えるのは廣畑だけでし、外国人選手もレアード・ロメロもどうなるか分からない。トレードも限界があるし来季に優勝を目指すには現有戦力の底上げが一番のポイントでしょう(どのチームそうだけど)そうなると監督就任5年目の来季はそろそろコーチのテコ入れを願いたいものです。具体的には投手コーチと打撃コーチですね。吉井コーチは優秀なコーチだと思いますけど去年・今年と投手運用をみているとどうしてもチームの勝利より選手ファースト過ぎる嫌いを感じます。そして何より今年のチーム防御率を含め投手成績をみてみれば実際にいい数字は残っていません。それは吉井Cだけでなく清水バッテリーコーチにも責任があります。二木を筆頭に被本塁打が多いのは投手自体の問題もありますがリード面にも問題があると感じます。バファローズ杉本など同じ打者に打たれる過ぎるはバッテリーに責任があると感じます。また打撃陣も昨年同様に後半に息切れ。そして何よりも安田を筆頭に若手が思ったように成長していない。これが河野打撃コーチの責任でもあります。この辺りのコーチを変えるか或いはコーチを増やすかしないと来季も厳しい戦いになると思います。自分で連れてきたコーチを更迭するのは気が進まないと思いますが2年連続2位は「よくやった」ともいえるし「なにしてんだ」ともいえる。そして来季はまた他チームも体制を立て直してくるのだから今年と同じことをしていれば来季はまた「良くて2位」「下手打つとBクラス」ということになるでしょう。このオフは井口監督の内閣改造を期待しています。

 

▼クリックしてくると嬉しいです。


にほんブログ村

千隼が打たれ週末を待たずに終戦。

●M1-2E〇

【試合総評】

終わりましたね。最後は千隼が打たれて週末のファイターズ戦を待つことなく終戦。今シーズンの優勝はバファローズに決まりました。まぁ仕方ない。力不足なのは分かっていたのでここまで善戦したと思います。小島は良く投げました。このプレッシャーの中で6回1失点野QS。ピンチを作っても最少失点で抑える投球に成長が伺えます。千隼も絶対的な投球をするような投手ではないながらここまで良く投げたと思います。残念ですがサバサバしています。全国のマリーンファンのみなさんお疲れさまでした。

【試合経過】

初回マリーンズが2死二塁からレアードのタイムリーで1点を先制します。小島は4回まで1安打ピッチでしたが5回表に簡単に2死までとってから四球とヒットで一三塁にすると太田に同点タイムリーを打たれます。6回裏にも小島は2死満塁のピンチを作りますがここは凌いで無失点で7回からブルペンに後を託します。しかし7回裏の国吉が先頭にストレートの四球を与えますが無失点で終えます。そして運命の8回裏。3番手千隼が先頭を内野安打で出塁されバントと申告敬遠で1死一二塁にすると代打・小深田に勝ち越しタイムリーを打たれます。9回も攻撃も得点できずマリーンズが負けてバファローズの優勝が決まりました。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

終わったことを言っても仕方ないが。

昨日は投手陣が炎上して大敗。これでもうひとつも負けられない崖っぷちになりました。終わったことを言っても仕方ないけどやはり昨日の美馬は納得できない。もちろん昨日は千賀相手ですから敗戦の可能性は高かった試合だけど、美馬の先発はどうしても納得できない。今期はホークス相手に防御率6点台ですよ。その投手をこの大切な時にホークス相手に先発させる根拠が分からない。ここから残り3戦は、明日は小島で土曜が朗希。となると金曜は河村でしょうか?美馬はファイターズ相手には防御率2点台ですから今週このローテなら、昨日のホークスに相手に河村で金曜のファイターズ戦に美馬を先発させるのが勝利を目指す上でベストだと思うのだか。投手運用は吉井Cが全権を握っているならば今期のここまでの投手運用(特に継投のタイミング)と言い昨日の美馬の先発起用と言い疑問だらけです。ひょっとしたら昨日の試合で美馬を先発させたという事は金曜日は河村でなく二木に先発やらせるつもりなのか?と思ったりもする。まぁ明日、小島で負けたら金曜は二木だろうと誰だろうともう関係ないけど。とにかくあとは負けたら終わりのサドンデス。見守るだけです。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

美馬と加藤そしてエチェバリアで試合をぶち壊し。これで後がなくなった。

●M7-15H〇

【試合総評】

昨日は個人的には今年のレギュラーシーズンは最後のマリンでの現地観戦。最後ハラハラしながらも勝利を見届けました。今日は折角マーティンに先制HRが出たのにエチェバリアのエラーと美馬の投球が台無しにしました。2回の加藤のリードも外角一辺倒で酷いものでした。それにしても美馬が酷すぎ。もうこのバッテリーは最悪です。まさかここでこんなピッチングするとは腹が立ってしかたない。加藤もたいがにしろよって感じです。逃げて逃げてこの結果ですからね。エチェバリアのエラーも含め最低の試合。岩下も必ず失点する「負けパ」の投手も。まぁどのみち美馬と千賀じゃ最初から分は悪いけど優勝争いしているなら同じ負けるにしても負け方がってものがあると思うんですけどね。1敗は1敗だけど酷すぎる。雨だし寒い中で応援しているファンも可哀そう。パテレ観戦のボクは2回以降はバファローズイーグルスの試合をメインで見ていましたがイーグルスも負けたし、これでもう後がなくなった。奇跡の3連勝あるかな?こんな試合してるようじゃどうかね。まぁマーティン・レアードにHRが出たし残り試合に打線が上向きになってくれることを期待しましょう。

【試合経過】

初回、2死からマーティンに久々の特大のソロHRでまずはマリーンズが先制します。しかし直後の2回表に1死からエチェバリアのエラーでランナーを出すとそこから2連打であっという間に同点にされリチャードに犠牲フライを打たれあっさりと逆転されさらに柳町・三森の連続タイムリーを打たれ更に連打を浴びて2回だけで6失点し美馬は2回持たずに降板。2番手の岩下もタイムリーを打たれこの回7失点。その後岩下をはじめ出てる投手失点を重ねますが、3回以降の失点はもう無関係。相手が千賀ですから今日は2回で勝負ありでした。

 

 

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

荻野のサヨナラヒットでレアードのエラーを帳消しにする勝利!

〇M4×-3F●

【試合総評】

しかしレアードなぁ。そこで落球するか?ってことろでヤラカシたなぁ。いくら風があるっていってもホームだし。まぁ追い方が怪しかったから怖かったけどマジでそこで落とすか!う~んと唸ってしまった。これは良くて引き分けかと思っていたらなんと荻野のヒットでサヨナラ勝ち!地獄から天国という感じの試合でした。もうどんな形でもいいから勝ちたい。明日も今日のこの勢いと流れで勝って欲しいですね。今日の朗希は6回被安打4の2失点。6回に3本ヒットを集められたのとパスボールが痛かったけど毎回に奪三振11は素晴らしい投球でした。さて明日は現地参戦。先週は幕張についたら雨天中止だったけど明日は大丈夫だろう。

【試合経過】

3回裏、2死一三塁から奨吾の右中間を破る2点タイムリーとマーティンの連続タイムリーでマリーンズがまず3点を先制します。佐々木朗は5回まで無失点でしたが6回表に1死から連打とPBで二三塁にすると近藤の内野ゴロ間に1点を失うと高濱にタイムリーを打たれ1点差に迫られます。マリーンズは7回から継投しますが国吉が1死から2連続四球を与えますが踏ん張って無失点。そして8回の千隼。2死二塁からファーストフライをレアードが落球して同点にされます。そして9回裏にマリーンズは相手エラーに乗じて無死満塁の大チャンスを作ると荻野が一二塁間を抜くサヨナラヒットを打ちマリーンズが執念で勝利しマジックを4に減らしました。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです


にほんブログ村

2021年ドラフト総括・マリーンズ編

今回も2021年のドラフト結果の感想です。今回はマリーンズのドラフト結果について書いてみたいと思います。今年の1位は投手を予想していたんですけど大外れでした。投手を予想した理由は、今年は野手でドラ1と思える選手が見当たらず来年が逆に野手が豊作なので今年は1位は投手でいくかと思っていたら、D1は市和歌山の松川でしたね~。ボクの予想では2位で松川でしたから当たらずも遠からずですかね。どっちにしても松川は欲しかった選手なので2位のウエーバーの順番を考えて1位繰り上げでも不満はないですね。またボクが指名を予想していた国士館大・池田が2位でそして幕張総合・村山を育成4位で指名したのでボク的にはかなり満足しています。特に村山の指名は嬉しかったですね。昨年、育成で指名した山本大もナイス!と思いましたが村山にもかなり期待しています。D1の松川と同じ右打ちのキャッチャーですが身体は大きいです。昨年獲得した、山本大・西川そして松川とこの村山とパワー系右打者が増えて良かったです。ドラ1高校生キャッチャーはかなりの冒険ですがここ数年高校生キャッチャーを本指名でずっとスルーしてきて不満だったので松川の指名は大満足です。池田の2位はちょっとお高目だと思いますが順位縛りがあったのでしょうか。だた右の内野手ですから補強ポイントと一致はしています。マリーンズジュニア出身の初の指名ですね。今年も有薗・吉野とマリーンズジュニア出身はいましたが池田は習志野高卒のフランチャイズプレーヤーですから楽しみです。そして3位で廣畑投手を指名できたのが大きかった。廣畑に関しては1位の12人に入ると思っていたのですがまさか3位まで残っているとはラッキーでした。恐らく来年の社会人投手を加えても社会人No.1投手だと思います。先発もブルペンもできますがボク的にはブルペン向きだと思いますがおそらく最初は先発起用になるのかな?と思っています。即戦力になってくることでしょう。4位には二松学舎大付の左腕・秋山。高校生キャッチャーもそうですが高卒左腕も成田までさかのぼらないと指名していなかったので高卒左腕を指名しできたのは良かったと思います。羽田・木村・松浦と比べると大きくは有りませんが成田と違って真っすぐで空振りを取れる左腕ですから将来はバファローズの宮城みたいになってくるといいなぁと思います。(モイネロでもいいよ)5位で三菱重工Wの八木。こちらは完全にブルペンタイプの投手ですね。来季はハーマンの去就が微妙なのでハーマンのポジションを東妻・小野郁と争う形になりそうです。育成1位の旭川実・田中は本指名でもおかしくないと思う投手です。育2位・速水は守備・走塁型の選手。BC富山ですから和田の後輩ですかね。育3位の立花学園・永島田の指名は完全に予想外でした。まだ投手歴も浅いらしく原石ですね。光り輝いて欲しいと思います。そして育4位が先ほど書いた村山。早くも「幕張のアジャ2世」と命名されましたが1世が不甲斐ないので「アジャ」じゃなくて「幕張のコング」でどうでしょう?二人合わせて「宍戸エリカ」ということで(笑)というわけで2021年のマリーンズのドラフトは85点です。育成も含めて長距離系の外野手が一人欲しかったですね。山城とか向山とか。まぁ順位縛りもあったのでしょうから仕方ないです。だた来年は野手が豊作なのでそこらへんは来年のドラフトに期待したいと思います。

 

▼時間があったら動画もみてね!

youtu.be

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

2021年ドラフト総括・他球団編

優勝争いも宴たけなわですが、土曜日までマリーンズの試合がないので今年のドラフトの総括をしてみたいと思います。まずマリーンズ以外の11球団から。セリーグですがボク的にはタイガーズとカープが良かったと思います。タイガースは小園をクジで外しましたが外れ1位で高校BIG3の森木を単独で獲得し2・3位で鈴木(創価大)と桐敷の左腕二人に右腕の岡留と3人の即戦投手を獲得。カープも2度クジを外したけど黒原・森の左腕二人を獲得して悪くないと思います。横浜は小園を当てたのは大きいですが、いの一番で指名した2位が徳山だったのは少し驚きでした。ヤクルトはなんとも言えませんが竹山はいい指名だと思います。ジャイアンツは即戦投手を大量指名してそれなりに成功でしょうが1位で左腕の隅田を外したあとに佐藤や山下の左腕が残っていたのに右腕の翁田を外れ1位で指名したのはチクハグな気がしました。翁田の1位指名も驚きましたけど。ドラゴンズは分かりやすい弱点を補強する指名でしたが味谷を指名したのは少し驚き。そんなにキャッチャー必要か?と思いました。パリーグをみると、ライオンズは120点じゃないですかね。隅田・佐藤(筑波大)と古賀にドラ1クラスを3人指名し更に高校生投手を左右両方指名できたのは良かったと思います。ファイターズはファイターズっぽい、いわばミーハードラフト(笑)完全に3年後くらいに狙いを定めた気がしますので楽しみではあります。バファローズは逆に今回は即戦中心で来季も優勝を狙っていく気満々です。ドラ2の野口がポイント高いと思います。ホークスもチームが高齢化しているので風間・木村の高校生トップクラスの左右の投手を指名できたし正木も指名できたので良かったのではなかと思います。イーグルは振り切った感じですね。2位だと予想していた吉野を1位に繰り上げ、2・3位も安田・前田で上位3人全て野手でしかも二人が高校生という思い切った指名。投手中心でいくと予想したいたのがまんまと外れました。とまぁこんな感想ですが大きく成功はライオンズくらいに思えますがかといって大きく失敗というチームはないような気がする今年のドラフトでした。

 

▼動画も見てね!

youtu.be

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村