モヤモヤ、まり~んず

なんだかモヤモヤする球団・千葉ロッテマリーンズを語るブログです。

2021年選手雑感・野手編④

#32・佐藤都志也

2年目の昨シーズンは打率こそ1年目を下回りましたが、OPSは上昇。本塁打も6本とまずまずの結果でした。打席での雰囲気もありスィングも強く打撃は楽しみですが外野手転向となると物足りない。やはり守備力を上げて「打てて走れる捕手」として彼がレギュラーを獲得しくれれば全体的な戦力が大幅にアップすると思っています。今季は正捕手争いを制して松川等が一人前になる4~5年キャッチャーとして君臨してもらいたいと思ってます。ボクの地元の東洋大産で、彼が学生時代は地元の居酒屋で何度か会ったことのある選手ですのでかなり応援しています。

#38・高部瑛斗

佐藤都と同期の高部。これまたボクの地元の鶴ヶ島エンジェルス出身の選手ですから、佐藤都同様にかなり応援してる選手です。2軍では昨季も素晴らしい成績を残しましたが1軍投手相手になると手も足も出ないように見えます。なまじバットコントロールがあるせいかボール球にもちょいちょいバットを出すシーンが印象に残ってます。昨季はプロ初本塁打を打ちましたがアベレージヒッターですからいまのヘッドを投手方向に入れるフォームを少し改造できればいいかなぁと素人目に思っています。今季はともかく1軍で使われるくらいの打撃を見せて欲しいです。細谷や加藤翔平のような2軍の帝王のままというのでは困ります。

#39・吉田裕太

キャッチャーとしてより右の代打として開幕1軍に入り本塁打も1本打ちましたが故障などもあり昨季も僅か7試合10打席でした。梅野(阪神)をスルーしてまで伊東前監督がドラフト2位で指名した吉田もそろそろ崖っぷちに差し掛かりました。キャッチャーの序列は恐らく一番下ではないでしょうか。生き残るためにはもう打撃しかありません。右の代打がいなくて小窪を使っていたくらいですからそこのポジションを取れるかどうかにかかっていると思います。

#44・井上晴哉

昨季の野手陣で一番想定外の結果だったのが井上です。ここ数年の成績をみれば普通に20本塁打位を想像してましたが、たったの23試合で1本塁打その後離脱とは本当に想定外。昨季、井上が今まで通りやってくれてれば優勝もあったのではないかと思っています。過ぎてしまった事はしかたないですが、今季復活するかそれともこのままいつの間に大松のようになってしまうのか井上にとって今季は正念場です。もちろんファンとしては井上の復活を待ち望んでいます。打撃もそうですが守備の面でも貢献度の大きい選手ですから今季は復活して「ごっちゃし」をたくさん見せて欲しいと願っています。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

2021年選手雑感・野手編③

#22・田村龍弘

今年もまたケガに泣いたシーズンだったのが田村ですね。2018年の143試合から年々出場試合が減り今季は70試合の出場となりました。移籍の加藤匠が57試合ですから年々影が薄くなっていく感じです。加藤がよく頑張ったとはいえ、やはり総合力では田村が正捕手であるという認識は変わりません。しかしライバルは加藤・柿沼以外にも佐藤都や植田もいますし、ドラ1で松川・育成で村山も獲得しました。昨年の育成1位の谷川と10代の次世代正捕手候補も大勢いますので数年前よりキャッチャーも競争が激化してます。今季は体調管理を万全にしてせめて100試合は田村にマスクを被って欲しいと願っています。打撃の方もすっかり頭打ちですが田村はもっと打てるはず。まだ正捕手の座を明け渡すのは早すぎます。

#23・三木亮

守備固めとして84試合に出場しているのに打席数は11。2020年も打席数5と寂しい感じがします。井口監督によるとベンチの盛り上げ役として貴重な戦力らしいですがやはりベンチではなくグランドで戦力にならなければ、いつまでも1軍に居られないと思います。ドラ2で内野手の池田を獲得しおそらく今年もドラフトで内野手の指名があると思いますので今季こそ打撃でアピールしないと厳しい状況に追い込まれるでしょう。好きな選手だけになんとか打撃開眼してもらいと思っています。

#25・岡大海

昨季はファイターズ時代を含めてもキャリアハイの試合数に出場しました。とにかく印象深い本塁打もあり移籍後一番活躍した2021年でした。能力的には2割5分・15本塁打はやれる選手だと思っています。打撃だけでなく守備や脚力と素晴らしいポテンシャルを持っているので年齢的に30歳にはなりましたがここから油が乗って伸びて行って欲しいです。欲を言えばもう少し選球眼がいいといいのですが球を見過ぎたら岡のスタイルじゃなくなるのでそこは我慢します。

#31・菅野剛士

2020年シーズンに打撃開眼の兆しを見せて昨季は一気にブレークを期待していた菅野でしたが期待通りになりませんでした。33試合・75打席で打率は.194と元の木阿弥になってしましました。入団時には藤原以上に打撃に期待していたのですが、なかなか上手くいきませんね。そうこうしているうちに外野は激戦区になり余程打撃で飛びぬけないとスタメンは難しそうです。角中・福田秀等と左の代打枠の争いになるような気がします。三木同様に明るい選手なので成績出して1軍にいてくれればんベンチももうひとす盛り上がると思うのですが。とにかく菅野に関しては打つ以外に他にアピールポイントがありませんから打撃を何とかしないとなりません。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

2021年選手雑感・野手編②

#5・安田尚憲憲

昨シーズンの野手の中でボクが開幕前に最も期待していたのが安田。開幕直後はその期待通りの活躍を見せてくれ20本塁打・100打点も夢じゃないと思いましたが終わってみれば単なる夢でした。100打点はともかく二桁本塁打どころか山口よりも少ない8本塁打で終わりボクの落胆は大きかったです。もうみんなが指摘する通り打撃フォームがクルクルと変り凡打を繰り返すたびに、「この子は何がしたいのだろう」と思いました。反対方向を意識しているのはいいですがはその反対方向のスタンドに打球を飛ばした試しがありません。今期は同世代が大卒ルーキーとして入団してくる年齢です。そうした大卒ルーキーと比べられる1年です。今季は1軍に福浦コーチもいますからしっかりフォームを固めて結果を出して欲しいです。

#7・福田秀平

FA2年目の今季もほぼ戦力になりませんでした。1軍で4試合13打席で1安打ですから。ケガの影響かも知れませんけどFA戦士としてここ2年寂しい結果ですね。でもボク的には福田を悪くいいたくありません。折角、マリーンズに来てくれたのだから1年でもいいから活躍して欲しい。ただそれだけです。

#8・中村奨吾

キャプテンとして本当によくやってくれた1年だと思います。GGにB9の獲得は素晴らしいです。ただ敢えて言わせてもらえば今季は打撃部門でタイトルを取って欲しいと思います。打率も本塁打数も荻野より下ではダメです。3割・20本は打って欲しい。まぁそうなったらそうなったでFAで出て行かれてしまう心配もあるのですが、そろそろ打撃で目立つ活躍が欲しいと願っています。

#13・平沢大河

期待の星だった大河も昨年は1軍出場なしでこれで2年間1軍に呼ばれていません。しかし2軍では一番多い打席数を貰っているので、まだ首脳陣からは期待されているだと思いますし、ファンもまだ大河のことは諦めていません。とはいっても今季は藤岡がルーキーで入団した年齢になりますから今季こそ1軍で結果を出さないそろそろ苦しい立場でしょう。背番号6の話なんてしている場合じゃありません。過去には2軍でも目立た数字を出せていないので春キャンプ~オープン戦前半までが勝負ではないでしょうか。開幕2軍スターとなると今季も厳しい気がします。バファローズの宗が昨季ブレークしましたので大河も宗のようにブレークして欲しいと思ってます。そして今季は3年ぶりにボクに13番のユニフォームを着用させて欲しいものです。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

明けましておめでとうございます。

遅ればせながら新年おめでとうございます!と言ってもボク達プロ野球ファンにとって2月1日とシーズン開幕日というあと2回のお正月がありますがとりあえず2022年度が始まりました。マリーンズはここ2年連続2位で今年は優勝目指して応援していきたいです。まぁ毎年シーズン前は優勝を目指していることは目指しているんですけどね。ただここ数年は、佐々木朗を筆頭に安田・藤原・山口・和田などなど若手が少しずつ成長してきて毎年楽しみです。また今年は種市や西野の復活もみたいしルーキー廣畑の投球も早く見たい。松川にユニフォームも欲しい。と夢は広がります。でも、何よりもコロナ前のようにライトスタンドから大声援で応援したいというのが一番の願いです。ともあれ、今年も1年マリーンズ贔屓でいきます。当ブログもよろしくお願いします。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

パンテーラと契約合意。

news.yahoo.co.jp

 

エチェバリアとの契約合意の正式発表がされました。これでレアード・マーティン・パンテーラの野手3人は今季と同じメンツは揃ったことにになります。エチェバリアに関しては守備でスーパープレーをたくさん見せてくれて守備だけで金が取れるなぁって思っていましたが、やはり助っ人外国人選手に求めるのは守備ではなく打撃なんですよね。そういう意味ではエチェバリアの打撃は物足りません。打率もさることながら出塁率も悪いですしかといって長打力・脚力もコレといったものはありません。来季は打撃で貢献して欲しい所です。もう少しコンパクトなスィングでミート率が上がればいいのですが果たして2年目で日本の野球にフィットできるかどうか。来季への課題とお楽しみですね。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

2021年選手雑感・野手編①

2021年の選手雑感。今回から野手編を行ってみたいと思います。

 

#0・荻野貴司

今季はプロ入り12年目にして、ついに全試合出場を達成しました。しかも36歳にして全試合1番打者で出場は福本豊氏以来の快挙。加えて最多安打盗塁王も獲得するという本人にとってもファンにとっても最高の1年間でした。攻・走・守ともにまだまだ元気ですから来季も活躍して欲しいですね。というか「ポスト荻野」がまだ現れていないので後継者が育つまで頑張って欲しいと思います。

#2(1)・藤原恭大

3年目の今季はジェットコースターのようなシーズンでした。開幕1軍も調子が上がらず2軍落ちしたかと思えば夏場は月間MVPの大活躍でそのまま覚醒かと喜んだのもつかの間でシーズン終盤には全く打てなくなってしました。死球の影響も多少あったと思いますがやはり内角攻めを攻略できなかったのが壁になったような気がします。それこそ「ポスト荻野」の最右翼がこの藤原ですから来季は背番号も1になりますから爆発して欲しい思います。ボクはまた来季「1」のユニフォームを買い直しになりますが藤原が活躍してくれるなら満足です。

#3・角中勝也

首位打者2回のかつてのここ数年はレギュラーから外れ寂しい感じです。今季はここ3年はシーズン100安打に遠く及ばない状態でここ2年はOPSも.700を割る状態です。また今期に関しては久しぶりに0本塁打と徐々に存在感が無くなっています。年々、打席での粘りが無くなっている気がするのも気がかりです。出塁率はまだ高いですが代打でてきて四球選んでも角中の場合は脚があるわけでもないのでやはりヒットを打たないとますます出番が減っていく気がします。来季は今期以上に代打起用が増える気がしますがそこで存在感を見せつけるような活躍をして欲しいですね。

#4・藤岡裕大

今季は、ショートの他にサードを守り、打率.255と打撃がやや盛り返しました。シーズン中盤までは、.280台をキープしていましたが終盤に失速したのはやはり疲れてくるとダメになるという多くのファンの感想そのままでしたね。とはいえ先の契約更改では大幅UPだったのは奨吾や大地の例と比べると違和感があります。来季はショート1本で勝負とのことですが元々強力なライバルもいませんから来季もレギュラー安泰でしょうがならば長打力・出塁率を上げてせめてOPS.700超を打って欲しいかなと思います。

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村

新外国人選手獲得!

news.yahoo.co.jp

 

マリーンズの新外国人選手獲得のアナウンスがありました。タイロン・ゲレーロ。名前だけ聞くと100ホームラン位打ちそうな感じですけど投手です。長身右腕でブルペンタイプということでハーマンの後釜ですね。MLBには詳しくないのでちょっと調べたことろ真っ直ぐの速いパワーピッチャーのようです。なんでもMAX168だとか。流石にそこまでは出ないだろうと思っていますが160前後の真っすぐを投げ込めればそこそこ活躍できるのではないかと思っています。だた制球力が難点なようです。今シーズンの3AでWHIPが2.21というある意味異次元の数字を見て少し目まいがしています。要約すると国吉をひと回り大きくして球速がアップしてコントロールが国吉より悪いという感じでしょうか。期待と不安が交差します。シェッパーズになるかサファテになるかですね。ただサファテになったらなったでMLBに戻るかお金持ち球団に攫われるかになっちゃうのも辛いです。どちらにしても球団が補強をしてくれるのはファンとしては大歓迎。できれば外国人野手も獲得して欲しい。タイロンでもゲレーロでもどっちでもいいので(笑)

 

▼クリックしてくれると嬉しいです。


にほんブログ村