モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

ようやく開幕の光が見えましたね。

news.yahoo.co.jp

プロ野球が開幕しないまま2か月が過ぎブログネタもないこともさることながら、ブログを書く気力も失っている今日この頃ですが、ようやく「6月19日」に開幕が決定されそうです。今日の緊急事態宣言解除後の正式発表でしょうが、緊急事態宣言はほぼ解除の見通しですからようやく「開幕」の光が見えました。いままでのように「いつ開幕するのか?それとも今季は開幕しないのか?」とモヤモヤする日々からこれで解放されそうです。当面は無観客で試合時間も昔の「3時間半ルール」を適用するかなど通常開催とはいきませんけど、とにかく今は野球が観たい!マリーンズの試合が観たい!もう贅沢はいいません。毎日パリーグTVでマリーンズの試合が観られればそれでよいのです。自宅で野球が観られれば、夜の街にもいきませんから緊急事態宣言解除後の行動もバッチリですよね。ともあれ来月19日からの開幕決定の朗報が届くことを心待ちにしてます。本当は球場に行きたいのですが、それはもう少し辛抱します。自宅でユニフォーム着て応援します!

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

先発左腕があと1枚欲しい。

news.yahoo.co.jp

 

2年目の中村稔。井口監督も先発で使ってみたいと期待しているみたいですね。先発ローテほぼ確定の同じ2年目の小島が六大学No1左腕なら中村稔は東都No1左腕でしたから(当社比)ドラフト時の評価が低かったのにおどきました。おかげで一昨年のドラフトでは小島・中村稔の大学No1左腕の両取りをできました。先発左腕は現況では小島1枚の状態なのであと1枚いるとバランスがよくなります。小島がローテでいけるのであれば中村稔も十分にローテでいける力はあると思います。そして今年は全くアナウンスがない土肥。昨年は課題の制球難も克服され谷間で好投していたので彼にも期待しています。春先に故障とのことでしたが現在はどのような状態なのか気になります。ボクの左腕の成否は左打者の内角に投げ切れるかどうか?がひとつの基準です。たしかに左打者の外角の出し入れだけで抑えることもできる投手もいますが、先発で長いイニングを投げるのであれば左打者の内角に制球できないと厳しいと思います。藤岡(現G)が成功しなかったのはいくつか思うところがあるのですが左打者の内角に投げきれなからだと思っています。その点では小島は大学時代からそれができていたのである程度イケルとは思っていました。中村稔・土肥もそれが出来るかどうかが先発ローテに定着できるかどうかだと見ています。二人のうちどちらかが今季中にローテで投げられる目処がたつかどうか?これまた今秋のドラフト戦略にも関わってくると思います。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

地元所縁のルーキーに期待。

topics.smt.docomo.ne.jp

headlines.yahoo.co.jp

佐藤と高部の記事を読みました。この二人はボクの地元所縁の選手で(和田もです)巣凄く期待しているルーキーです。佐藤が通っていた東洋大はボクの自宅から自転車だと10分くらいのところにグランドがあってヒマな時たまに練習を観ています。また東洋大野球部が集まる居酒屋さんにもよく行くので佐藤の姿も見かけたことが何度もあります。一昨年の甲斐野・上茶谷・中川なんかと一緒に飲んでたこともありましたね。古くは大地や藤岡なんかも街で見かけました。あとはSの原樹里とかも。大地と藤岡はプライベートで一緒にいたことはなかったです。あまり仲がいいわけではなかったようで。それはともあれ佐藤は欲しい選手でしたがドラフトの順番から獲得できないかなあ?と思っていたので指名できた時は嬉しかったです。高部は鶴ヶ島市という川越市の隣の「鶴ヶ島エンジェルス」の出身ということで色々と聞いてみたら、知人の息子さんが小学生の頃にエンジェルスで高部と一緒に野球をしていたそうです。やはりプロ入り前から地元に縁にある選手がマリーンズに入団すると応援しちゃいます。佐藤は打撃の方は多分そこそこイケるとは思いますがまずはキャッチャーとしてのスキルでしょうね。そこが出来るようになれば里崎を超える「打てるキャッチャー」に成長できると思います。田村を脅かす存在に早くなって欲しいですね。高部は骨折後、2軍での数打席をみましたが当時はまだ調整不足感がありました。打撃練習は出来ていないとは思いますが、あれから2か月くらい経過していますからケガもすっかり癒えたことでしょう。ヒットメーカーとしてポスト荻野に名乗りを上げて欲しいと思います。福田光も含め大卒ルーキー3人が揃い踏みする日が今から楽しみです。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

今季注目していたポイント

news.goo.ne.jp

6月に開幕できそうな雰囲気になってきて少し希望の光が差した気持ちの今日この頃です。開幕したら注目していのがブルペン陣です。というのも今季のブルペン陣の結果で秋のドラフト戦略が変わってくると思うからです。今季それなりにブルペンが好調であればドラフトでは左腕を昨年並みならばブルペンPを指名することになると思っているからです。ハーマン・ジャクソンを獲得しましたが、ボクが気になるのは日本人のブルペンPです。外国人は来季どうなるか分かりません。とくにハーマンは高齢ですしね。そうなると国産の勝ちパ投手が今季出現するかどうが注目ポイントです。候補は東妻・石崎・小野郁・中村稔です。本来なら永野にも期待したいのですが病気のこともありそこまで多くは期待できません。中村稔に関してはポスト松永ですよね。ここ数年は左腕の勝ちパが松永しかいない状態ですからこのポジションを中村稔には奪って欲しいと思います。そして東妻・石崎・小野郁は同じパワーP。近年は勝ちパといえば各球団パワーPが活躍しています。マリーンズの若手にはなかなかパワーPが居ませんでしたが今季はこの3人がいます、東妻は昨年のピッチングを見ての通り。移籍2年目の石崎はオープン戦などでの投球をみると直球の球威・球速が戻ってきてました。「石直球」が復活すればクローザー候補にもなりえるでしょう。小野郁は以前も書きましたがドラフトの時から個人的に欲しかった投手ですから早くマリンで見たいと気持ちがあります。あとはここに岩下を加えて競争してもらいたい。岩下はブルペンの方がいいというのが個人的な意見です。これらのブルペンPが活躍するかどうかで秋のドラフト予想をしようと思っています。もっとも左腕にしてもブルペンPにしても必要な事には変わりないですが。

 

【千葉魂】よみがえる石崎の“石直球” 大先輩・藤川の教え胸に(千葉日報オンライン) - Yahoo!ニュース

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

今度こそ開幕できるのか?

news.yahoo.co.jp

NPBが6月19日に開幕を目指すという報道が一部でありましたね。とりあえず「いつになるかわからない」「しないかも知れない」という状況から具体的な日付の検討に入ったことは一歩前進かも知れませんが、ここまでずっと延期、延期できているので気持ち的には冷静に受け止めています。6月19日だと通常開幕していれば交流戦が終わってリーグ戦に戻ったタイミングですね。キリがいいと言えばキリがいいので開幕のタイミングとしては悪くないと思います。当然批判する人もいるでしょうし当面は無観客かもしれませんが、「野球がある」というだけで違いますよね。いま自粛して自宅で過ごすのでも「野球が観られる」のと「観られない」のとでは雲泥の差です。そして何よりもプロ野球が開幕することで他のスポーツの大会も開催できるようになると思うんですよ。夏の高校野球プロ野球が開幕することによって「開催」しやすくなると思います。もちろん野球だけではなく他のスポーツも、日本で一番の国民的スポーツであるプロ野球が「開幕」に踏み切ればやりやすくなる。確かにコロナは怖いですが、いつまでも怖がっていてもダメだと思うんですよね。どこかで立ち向かわないと皆精神的に病んでしまいます。そうした中でスポーツ界に置いてはやはり「プロ野球」がその道筋を先頭に立って切り開いていくべきだと思います。未曾有の事態ですから開幕前そして開幕後も用意すべきことはたくさんあると思いますが、ファンも含め開幕にこぎつけそして他のスポーツの規範となる運営をしていくことこそ「プロ野球」と「プロ野球ファン」の使命だとボクは勝手に思っています。なんとか6月19日に本当に開幕を迎えて欲しいと願っています。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

安田に賭ける和製大砲への期待。

spaia.jp

今年からビジター用のユニファームがデザイン変更になり早速「新」ビジターユニフォームを購入しました。その背番号は「5」そうです安田ユニです。友人どうして野球話をしているとよく「安田好きだよね~」と言われます。マリーンズ選手で嫌いな選手は一人もいませんが贔屓にしている選手?いや期待している選手は何人かいます。その一人が安田です。というのも久しくチームから出ていない「和製大砲」を安田に期待しているからです。ロッテ球団として「和製大砲」と言えば、落合は別格としてそれ以外だとあまり浮かんできません。初芝?大松?落合以外だと長年ファンをやっているボクすらこんな感じです。もちろん嘗てドラフト時に和製大砲として期待した選手もいました。澤井や立川それに丹波など。特に丹波には落合の再来になるのではないか?と大いに期待しましたが通算HR数は確か1本だけと記憶しています。そんこんなでボクの中では「今度こそ」という想いが安田に対して強くて彼がHR王になる日を夢見ているわけです。しかし春のオープン戦では結果は出ませんでした。打席で気になるのはファーストストライクを見逃すことが多いことでそこが少し不満です。空振りでもなんでもいいからファーストストライクを振っていく積極性が安田には欲しいですね。同じ追い込まれるのでも、見逃しで追い込まれるのではなくバットを振って追い込まれて欲しいとオープン戦の打席を見ていて感じました。藤原や和田・福田光のような思い切りというか積極性が安田には欲しいと個人的には思っています。とはいえまだ3年目。スワローズの村上やファイターズの清宮と比べると現段階では地味ですがそれでもボクは順調にきていると思います。高卒ルーキーでなおかつスッラガータイプですから時間はかかります。ライバルの清宮・村上との本当の勝負は3~5年後でいいでしょう。もちろんもっと早くければそれに越したことはないですがとにかく「和製大砲」としてマリーンズの主軸を担うバッターに成長してくれることを願っています。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です

佐々木朗希の完成形。

緊急事態宣言がまた延期になるようで開幕を心待ちにしているプロ野球ファンもテンションが上がりませんね。あまり暗く考えても仕方ないのでボクは今季も【開幕する】と決めて日々耐えてます。さて昨年のドラフトで佐々木朗希を獲得してついにマリーンズにスーパーエースが誕生すると今からワクワクが止まりません。ボク的にロッテ球団のスーパーエースというと、村田兆治伊良部秀樹の二人だけです。黒木も大好きですが彼は「魂のエース」でスーパーエースのカテゴリーには入れていません。ボク的なスーパーエースというイメージは剛速球を投げて三振を取るピッチャーです。現役選手でいうとホークスの千賀とかジャイアンツに菅野ですかね。少し前ならダルビッシュとか田中マーです。伊良部以降も大嶺や唐川・藤岡や千隼と大いに期待した選手が入団しましたがボクの思い描くスーパーエースとまでは行かなかったです。が、佐々木朗希は今度こそ伊良部以来のロッテのスーパーエースに成長すると心から信じています。佐々木朗希の完成形を想像すると正直居ないんですよね。いままでのスーパーエースと呼ばれた投手を超える投手になって欲しいですからね~。ボクが佐々木朗希に夢見る完成形は、【中西球道】です。水島新司先生の漫画の中でボクが最強・最高と思ってるのが【中西球道】です。「大甲子園」では佐々木朗希と同じ163kmを投げてますからね。リアル球道君になって欲しいと思っています。「球けがれなく道けわし」佐々木朗希にピッタリじゃないですか。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です