モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

大事な最終戦も序盤から大量失点で大敗。楽天勝ってCS進出ならず。

●M4-12L○

日・月のファイターズ戦は今季最後の現地参戦。日曜は種市がそして昨日の福浦の引退試合は石川がそれぞれ好投しまた打線も序盤から得点をあげてファイターズに連勝。ついに今日が今季最終戦。そしてCS進出をかけての大一番になった。とにかく「勝利」それしかない。

福浦の引退試合のブログはこちら↓

俺たちの福浦、26年間ありがとう! : 不動産屋さんの社長って(愛和住販社長ブログ)

 

大一番の先発は二木。初回は3凡の素晴らしい立ち上がりだったが2回1死からH盗塁四球から栗山にセンター前に先制のタイムリー荻野のエラーと死球で1死満塁にすると金子の当たりは前進守備ショートの頭を超えるタイムリー。そして秋山に走者一掃のタイムリーでいきなり二木が序盤炎上。二木は2死から森に四球出して1回2/3を5失点という最低な投球で降板。初回のピッチングをみたら期待できそうだったのに二木にはガッカリだ。被安打4はまだしも1イニング2四死球ではそりゃ大量失点して当然。大事な試合でこんなピッチングしかできないようじゃ話にならない。一体何年1軍で投げてるんだって話だ。3回には2番手の涌井が山川にツーランを打たれて序盤3回で勝負アリ。最終戦で何してくれんねん!という感じだね。気合いれて観戦したのに試合開始後1時間で7失点ですよ。ピッチャーつぎ込むなんて言っていたけど涌井を引っ張って失点を重ねるしね。いくらこういう展開とは言え「勝つ気」があるとは思えない継投策。6回の秋山のところで交代でしょ?7回も東條が2死から満塁にして代わったチェンが押し出し四球がWPで更にエラーで3失点。四球ひとつで3失点だぜ。ふざけてんだろコイツら。東條を交代せるタイミングも遅いし荻野エラーから始まってエラー祭り。相手のライオンズはファインプレーを連発。なにが「全力で勝ちに行く」だよ。「全力で負けに行っている」だろ。まぁベンチも選手もどうしようもない連中だよ。こんなチームがAクラスになっちゃ、ファイターズやバッファローズイーグルスに申し訳ない。たまたま運良くCS争いしてただけでAクラスのチームの野球じゃない。エラーや失点や打てない事は当然あるけどAクラスへ行くチームは大切な試合、大切な場面でこんなことやらない。

打線の方は3回と8回に藤岡、4回にレアードのTH、6回に奨吾に内野ゴロ間で1点づつ返すけど焼け石に水。ヒットは2桁打ってるんだけどね。失点しすぎだしあと1本がいつものように出なかった。痛かったのは4回1死満塁からの田村の併殺打だね。せめて三振して欲しかったね。

気になるイーグルスはホークスに4-2の逆転勝ち。これでマリーンズは4位確定。そしてライオンズが優勝で今シーズン終了。と同時に5,6位も決まって全ての順位が決定した。CS行けなければドラフトを考えれば再開でよかったのにと終わってみればそう思ったりする。4位なら6位でも変わらないからな。

最後の最後まで期待させておいて最後にこんな酷い試合をするとは思わなったがまぁこれが今のマリーンズだから仕方ない。大事な試合はことごとく勝てない。これが実力。まぁAクラスの力がまだない。選手だけじゃなく井口監督を始めとするベンチも。それでもそんな弱いチームが今年は最終戦まで夢を見せてくれたのだからそれはそれでよくやってくれたと思う。この悔しさを来年以降に活かしてくれればね。まぁそんなこと言ったら毎年悔しい思いをしてるのに翌年に全然活かされてないけどね。昨年が5位で今年は4位だから「マウエ」は達成したしたけど(笑)

というわけで今年はこれでシーズン終了です。全国のマリーンズファンの同志の皆様本当にお疲れ様でした。またブログ読者の皆様ありがとうございました。シーズン終了したので今後はドラフトやらなんやらぼちぼちブログを書いていきたいともいまうのでオフシーズンもよろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です