モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2020年のパ他球団を分析してみる(ライオンズ)

他球団分析の最後は山賊打線でリーグ2連覇を達成したライオンズです。このオフ秋山のメジャー移籍が決まり戦力ダウンは必至でパの5球団が戦力UPしてる中ライオンズだけ戦力DWしているように思えます。昨年浅村がFAで移籍したけど秋山の流出は浅村の比では無いと個人的には思います。マリーンズ視線でいえば一番厄介なバッターがいなくなってくれたという感じです。ボクの予想する今季のライオンズ打線は、1:外崎2:源田3:森友哉 4: 山川5: 栗山6: 中村7:メヒア8 :木村orスパンジェンバーグ 9 :金子。これは苦肉の策です。金子や源田の1番もありますが、金子は9番、源田は2番だから活きるとおもってます。どっちにしても核弾頭の1番打者ってあるいみ4番を作るより苦労すると思います。パリーグ最強の核弾頭の流出は大きいですね。 鈴木将平や 山野辺のあたりが育ってきてもいきなり1番バッターにはなれません。残ったメンバーを見渡すと外崎の1番が最も秋山の穴が埋まりそうな気がします。

投手陣をみると、先発ローテは① ニール②高橋光成③今井④松本航⑤本田⑥十亀が基本戦で本田・十亀当たりの調子をみてノリンですかね。オープン戦の結果次第では左腕のノリンを最初からローテに組み入れるかもしれません。今井・松本・本田と伸びしろのある先発陣ですがまだ少し時間がかかるでしょう。とはいえ昨年よりは安定はしてきた印象はあります。ブルペンもクローザー・増田、セットアッパー・平井は決まりでしょうが質量とも他球団より見劣りします。平良・小川あたりの成長と、D1宮川D2浜屋ブルペンで育てざるを得ないかな?と思ってます。また平井の勤続疲労も気になるところです。どちらにしても今季も山賊打線で打ち勝つ野球になりますがV3への道は険しい感じがします。マリーンズとして山賊打線にビビらず投手陣が責めのピッチングを見せればいい結果になると思います。それと本田を攻略しろよって話です。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です