モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2020年のパ他球団を分析してみる(ホークス)

昨年もGを圧倒し日本一になりながらも2年リーグVを逃したホークス。今季の補強は静かながらも、バレンティン・ムーアという投打の大物をしっかり補強しシッカリ戦力UPしています。ボクの考える打線としては、1 :牧原大成 2 :今宮3: 柳田4 :デスパイネ 
5: グラシアル6:中村7:バレンティン 8: 松田9 :甲斐。といった感じでもうこの絵面を見てるだけで気持ち悪くなる超重量打線です。弱点を敢えていうなら1番バッターとグラシアルとバレンティンの外野守備。それと松田と内川の高齢化くらいですが、上林・周東を筆頭に控えも揃っているので磐石ですね。個人的には上林に復活されるのが一番イヤです。

投手陣は野手より更に層が厚い。先発ローテは① 千賀滉大 ② 高橋礼 ③ ムーア④ 和田⑤ 大竹耕太郎 ⑥ 高橋純平 。と予想してます。昨季は中継ぎの髙橋純平は先発で使いたいですね。ムーアを獲得したことで枠の関係でバンデンが2軍スタートだと思いますが、これまたイーグルス同様に谷間や不調・故障などが発生しても、武田・石川・東浜など同レベルの投手が控えているので心配ありません。ブルペンもクローザーの森を含めこれまた昨年同様に分厚い布陣です。個人的には高校時代から注目していた古谷の動向が気になりますが、古谷が覚醒したら手がつけられないのでジレンマです。

昨年はマリーンズが大きく勝ち越しホークスのV逸を阻止したのがマリーンズという結果になりましたがこうして見てみると本当に何で勝ち越せたのか分からないくらいの巨大戦力であることは間違いありません。とはいってもこのホークスをまづは叩かないことにはマリーンズの浮上はありえませんのでとにかく勝てるときに勝っておくことですね。幸い昨年の勝ち越しでホークスに対して苦手意識はないと思いますのでそこは他チームより有利かと。とにかく新戦力のバレンティン・ムーアに苦手意識を持たないように抑えて・打つってことですかね。開幕カードですからそこが大事になると思います。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です