モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

2019年のドラフト雑感。

昨日のドラフトから一夜明け佐々木獲得の興奮も冷めやらぬ中、今年のドラフトの所感を簡単に書いてみたいと思います。まずセリーグはヤクルト・中日・広島の下位3球団が良かったと思います。まさかの森下単独指名は予想外でしたね。阪神は珍しく高校生中心でロマンはあるけど・・って感じ。横浜は森の単独1位指名はどうなのかな。巨人も地味だけど悪くはないけど外れ1位で宮川(即戦)を指名してハズレのハズレでま他高校生の堀田で何したかったのか分かりません。パリーグ他球団はライオンズとファイターズは即戦P中心でいい指名だなと思いました。ホークスは今年も「余裕」の展開でしたね。JR東の佐藤1位は驚いたけど海野を2位で確保できたのは良かった。バッファローズもホークスと同じで野手が欲しいと思うんですけど石川・森がいなくなった時点で妥当な指名でした。今季の候補だと仕方ない感じです。イーグルスはどうなんですかね。小深田はいい選手で補強ポイントなのは分かるんですけど1位とは。2位が黒川と内野手二人が上位なんだけど「う~ん」って感じがしましたね。

さて、本題のマリーンズですけど1位の佐々木朗を引き当てた時点で成功なんですが、2位で佐藤都(東洋大)が獲得できたのも大きいですね。2位指名時点で海野も残っていたけど佐藤の方を選択したのは左打ちのキャッチャーはいないからかキャッチャーダメでも外野も出来るのから潰しが効くからか。まぁキャッチャーとして成功して欲しいですがいい指名です。3位の高部は今回のドラフト予想でボクが唯一当てた選手で欲しかった選手なので個人的な期待値は高いです。22~25歳の外野手がいないのでピンズドの補強だと思います。翔平になるか左の荻野になるかという印象です。東都2部ながら通算100安打超は期待できます。4位のは地元の専大松戸の横山はサイドハンド右腕。千葉では有名ですね。将来は益田のようになって欲しいと思います。5位が法政のショートストップ福田。実は夏前くらいまではボクもピックアップしていたのですがマリーンズの視察情報がないから指名は無いのと思って予想から外しましたがショートストップ獲得を予想(期待)していたのでこの指名は良かった。福田はやはり守備が魅力ですね。とはいえ守備で獲得した選手でもプロで予想以上の打撃になる選手もたくさんいます(西武の源田とか)なんといっても大阪桐蔭ブランドの選手ですからね打撃も期待したいですね。そして育成で左腕・本前と慶応のキャッチャー植田。本前はファイターズが行くかなと思っていました。植田はまさか六大学の選手を育成指名とは想定外です。しかも慶応大学。マリーンズで慶応というと喜多以来ですかね。育成指名なんてして大丈夫なのかと多少心配しています。

こうしてみるとざっと98点です。減点としては高校キャッチャーの指名が無かったこと。4位指名の段階で東妻が残っいたからよし!と思ったら肩透かしでした。横山と福田は順位を落としても獲得できる可能性が高かったと思うので4位で東妻に行って欲しかったですね。そうでなければ育成でもいいので高校生キャッチャーが欲しかったと思います。ホークス育成1位の石塚はボクの推しメンだっただけに残念です。来年、成田高のキャッチャー古谷狙いかなとも思ってます。また即戦Pの獲得はなかったけどボクは今年はそれでもいいと思います。来年は大学生投手が豊作なので今年無理に獲得する必要はないでしょう。来季もブルペン問題は解消しませんが外国人投手でやりくりする方向でいいと思います。

ともあれ、今年のドラフトの成功で黄金期に向けて着々と我がマリーンズは前進しています。その時を楽しみに待ってましょうね。

 

 


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です