モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

フランシスコ・ぺゲロをテストとな。

2月の石垣キャンプで、大隣の他に

元ホークスの李杜軒

BCリーグ・富山のフランシスコ・ぺゲロの3選手を

テスト生として参加させるらしいね。

大隣と李はさておき、ぺゲロもテストということは

これはペーニャは退団の方向なのかな?と最初に頭に浮かんだ。

まぁここまで去就が決まらないという事は、

ペーニャサイドがごねているか

あるいは球団サイドが別の選手を狙っているのか

なんて想像を膨らませていたが、ぺゲロをテストするってことは

ペーニャサイドの都合なのかな?

さて、そのフランシスコ・ぺゲロ。どんな選手かと調べると

昨年、富山に入団しBCリーグの年間最多安打記録を樹立したとか。

外野手で守備も悪くなく足も遅くないと思われるが

盗塁はわずかに1つなので機動力って感じでもなく

本塁打は20本なので長距離砲ってわけでもなさそうで

思い描くイメージとしては「右の角中」って感じなのかな。

ペーニャとは全く違うタイプなので、

補強ポイントから外れている感じもするし

このタイプの選手を獲得するなら

サントス残留でもよかった気もするが

上手くハマって本当に「右の角中」になれれば

大きな戦力になるね。

2番角中。3番ぺゲロ。4番ドミンゲス。

こんな打線が組めれば悪くはない。

あくまでもテスト生なので合格して入団してからの話だけど

テストをする。ということは獲得が前提だから

3人とも入団する可能性は高い。

そうなると、ペーニャは退団といことになるのだろうけど

まぁ、それも致し方ないのだろう。

何はともあれテストの結果が今から楽しみだ。

“BC最多安打男”はロッテの秘密兵器となるか… (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース

 


にほんブログ村