モヤモヤ、まり~んず

なんだかもう、モヤモヤするマリーンズが大好きなブログ

球場には何をしに行くのだろう。

headlines.yahoo.co.jp

NPBJリーグの「新型コロナウイルス対策連絡会議」で応援方法についての提言がありました。記事によると、

感染リスクの高いものも具体的に明記され、「ジェット風船の応援」、「肩組み、飛び跳ねなど集団での動きの伴う応援」、広島ファンでおなじみの「立ったり座ったりを繰り返す集団での動きの伴う応援」、「指笛の応援」、「トランペット・ホイッスル等の鳴り物応援」、「メガホンを打ち鳴らしての応援」、「ビッグフラッグの応援」、「観客のハイタッチ」、「両手をメガホン代わりにした大声での応援」、「フラッグ応援」が挙げられた。

とあり、これらの応援は基本的に禁止するという方向で開幕をするという事なんでしょうかね?これ以外にもタオル回しやクラップも専門家は指摘しているようです。要するにほぼ全ての応援方法が「危険だからやめましょう」という話です。まぁ専門家ですからそれはそう言いますよね。基本全部危険なんですよ。でも、応援行為の全てが危険というならもう開幕できないでしょ?一番危険なのは不特定多数の人が集まり事なんだから今季の興業は中止にするのが一番なわけです。仮に開催したとしてもほぼ全ての応援行為を禁止にしたら一体何のために球場にいく必要があるのでしょうか?マスクをして黙って試合を観るために球場に行くなんてボクには考えれません。もちろん球場に足を運ぶファンの人達は十人十色だと思いますが、ボクは基本的には「球場は野球を観に行くところではなくチームを応援しに行くところ」だと思っています。野球を観るのであれば球場より自宅で中継を観た方が絶対に観やすいんです。ピッチャーの投げた球種やキャッチャーのリードバッターや守備。スローも出るし解説も聞ける。だから野球を「観る」のであれば中継の方が断然観やすいし面白い。じゃぁなんでファンは時間とお金を使って球場に行くのか?といえば他のファンの人達と一丸になってチームを応援し鼓舞するためだと思うのです。ボクは外野民なので尚更そう思います。正直外野からではバッターなんて超小さくしか見えません。センターよりの席だとレフトにとんだ打球なんて見えません。それでも行くのは応援をしたいからです。それが禁止ならばボク的にはわざわざ球場に足を運ぶ理由がありません。おそらく多くのファンの人も同じではないでしょうか?もちろん応援がうるさいというファンもいます。ボクの知人のなかにも内野でゆっくり見たいという人もいます。「応援禁止」ならばボクも内野でドンクホルダーのある席でゆっくり見ます。多分「応援禁止」になると外野席は年間シート購入した人達くらいしか行かないと思います。どの球団もそうですけど球場の一番のコンテンツは「野球」ではなく「応援」だと思います。そのコンテンツがないまま開幕するんですかね?まぁ開幕すれば自宅で野球が観られるのでうれしいですけど「応援禁止」のスタジアムには行く気になれません。

 

 ▼「ポチ」してくれると嬉しいです。


にほんブログ村

 

川越市・鶴ヶ島市・坂戸市を中心とした賃貸/売買の不動産を扱っております株式会社愛和住販です